バストアップマッサージのやり方

乳腺を刺激して凝りをほぐす

バストマッサージで使用したいのはバストアップクリーム。

 

マッサージの効果的な時間帯は、代謝が上がっているお風呂上りが一番です。

 

バストマッサージは、凝っている筋肉をほぐしてあげることが大事なので、
ガッチガチに凝っている方は最初は痛いでしょうが、だんだん慣れてくると痛みがなくなり
それと同時に凝りがなくなっているのが分かるでしょう。

 

湧きの下に親指以外の4本の指をおき、摘むように親指で押す。
この部分が一番凝りやすく痛みを感じますが、そこにあるのは乳腺。
乳腺を刺激するということは、女性ホルモンの分泌を促してくれます。

 

乳腺が凝っていると、なかなかバストアップ効果はでません。

 

 

ほぐした後はリンパに集中

ほぐした後に、リンパの流れを意識しながらマッサージすることではりが出ます。

 

バストの内から外へ、交互に円を描くように優しくマッサージしてください。

 

そしてバストの下から上に持ち上げるようにマッサージします。

 

 

 

つぼを制してバストアップ

バストアップのポイントは「ツボ」を知ること。ただなんとなくマッサージをするのではなく、効果を出すためのマッサージを意識しましょう。

 

バストの間にあるだん中というツボ。だん中は女性ホルモンの分泌を高めてくれるツボです。

 

それから両方の乳首付近にある神封。だん中同様、女性ホルモンを活発にしてくれます。

 

天渓、天渓はバストの両脇にあるツボ。マッサージでほぐしてもらった位置にあります。

 

ここはバストアップに最適。ツボをもみほぐししっかりマッサージを取り入れることがバストアップの近道ではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

調べて、読んでみて分かるように、バストアップに一番必要なもの。

 

それは「女性ホルモン」なんですね。

 

女性ホルモンの分泌が活発になるということは、女性らしさと比例していくことでしょう。

 

女性らしさを手に入れることが、バストアップのポイントになるということを意識しながら、毎日の生活に少しマッサージの時間を取り入れてみましょう。

 

また、バストアップマッサージのやり方は、美乳革命を参照してみてください。

 

効果的なバストアップマッサージが具体的に解説されています。

 

参照 http://xn--fkq00m7u6b86t.net/